越後一宮 彌彦神社について 石数を造らず必ず精醸を期す
するり さらり 伏流水のやさしい口あたり 粉雪のごとき喉ごし

眼下に日本海と新潟平野を一望する越後の名峰、弥彦山。
その山麓の地「泉」で私達は弥彦山の伏流水でその地名の如く、清水のような酒造りを今に伝えています。

あくまで脇役。
私達は酒をそのように考えています。繊細で豊かな食彩をもつ日本には、強い主張する酒ではなく、美味しさの感度を整えるような存在こそ、酒の役割と考えるからです。

本当の酒造りをしたい。
彌彦神社(おやひこさま)の御神酒蔵として地元の人々と共に生き、共に暮らし、共に祝う。

弥彦山の伏流水のように「するり」とした口当たり、雪国にいがたの粉雪のように「さらり」とした喉ごし。
『こしのはくせつ』と名付けられた彌彦神社に捧げられる淡麗なる清楚なお酒─。

日本を愉しむ人のために、私達は腕を磨き、心を込めます。
越後一宮に祝福されし酒、どうぞお楽しみください。

お知らせ